コメントは管理人の承認制なので表示が遅れる場合があります。


by white001a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:芸術( 3 )

日本時間で9日、第69回ベネチア映画祭で韓国映画がグランプリを受賞しましたね。

韓国映画が金獅子賞


c0227134_2135131.jpg


京都でも今日まで開かれていた「追悼・山田五十鈴」の映画が上映されていた京都文化博物館のフィルム・シアターの劇場入口に『羅生門』でグランプリを受賞したレプリカが置かれています。

右上には、主演した京マチ子が飾られているトロフィのそばでポーズを取っている写真があります。


c0227134_21354649.jpg

小さく説明されているんですが、大きくして読んでください。


c0227134_21365574.jpg

この額は、金獅子賞の上に飾られている『雨月物語』がベネチア映画祭に参加したという参加証です。


c0227134_21385792.jpg

参加証の説明で、大きくして読んでください。



c0227134_21422449.jpg

山田五十鈴の出演作品が上映されたフィルム・シアター内の様子です。


8月28日の日記にも書いていますが、京都府立博物館のフィルム・シアターで「追悼・山田五十鈴」の企画が8月21日から9月9日までありましたが、関西圏内、この夏の電力不足が心配されて、家庭で電気を消費するより公共の場所で冷房の施設で過ごして貰おうと最後の2日間だけ有料でしたが、その他の日に上映される作品は全部無料で見られました。

追悼・山田五十鈴上映作品などの案内

その内、僕が見てきた作品は下の5作品です。
各作品の詳しい情報はタイトルのリンク先にあります。

『祇園の姉妹』
1936年(モノクロ・69分)監督:溝口健二
22日と24日に上映された『折鶴お千』は1935年制作でサイレント映画ですが、1年後のこの作品はもう音声が出ている映画なので、サイレントからトーキーに変わる時期だったんですね。

上映時間が69分で、上映が終わったときは、まだその続きを見たい気になるほどで、ちょっと物足りなかったです。


『浪華悲歌』(なにわエレジー)
1936年(モノクロ・71分)監督:溝口健二
ちょっと音が悪くて雑音がありましたが、次第に映画の中に入っていけて苦にならなくなりました。


『流れる』
1956年(モノクロ・116分)監督:成瀬巳喜男
田中絹代、高峰秀子、山田五十鈴、杉村春子、岡田茉莉子など、すごい顔ぶれが登場するので、この回の上映は満席で最後部とか両端に立ち見客もいました。
5本の中では一番現在に近い時代で、すんなりと入って行けました。
やはり2時間程度の映画は、じっくり描かれているので堪能出来ます。

これらの出演者が舞台で芝居をすると、チケットはいくらになるんでしょうかね。


『大江戸五人男』
1951年(モノクロ・132分)監督:伊藤大輔
刀で切られて井戸に落とされたおきぬが皿を1枚、2枚と数える番町皿屋敷を町人が見る芝居に登場させるので、これがテーマかなと思ったんですが違っていました。


『用心棒』
1961年(モノクロ・110分)監督:黒澤明
言わずと知れた黒沢作品で、三船敏郎主演です。
さすがにスケールが大きくて、画面いっぱい無駄をそげ落としていました。

やはり、この回の上映も95%ぐらいの入りでしたが、今回、どの作品の上映でも、見に来る人はほとんど年配で、映画全盛時代、青春時代を過ごされて昔を懐かしく思われていたんじゃないかと思います。
僕なんか若い方に入っていました。(笑)




c0227134_226522.jpg


現在、Eテレ(NHK教育)では毎週火曜日夜9時30分から『デジタル写真講座』が放送されています。

9月18日には天体写真の撮り方を教えてもらえます。
興味のある人は、ご覧になってはどうでしょうか。

デジタル・カメラ講座の案内


白い犬が出てくるCMはソフトバンクの携帯電話のCMでしたよね。
トミー・リー・ジョーンズが登場するCMはコーヒー缶のCMでしたよね。

最近、コラボで一緒に登場したのが流れていませんか?


「メーデー」と言うと、航空機事故で最も危険な状態の時に発せられる用語ですが、昨夜、ナショナル・ジオグラフィックのチャンネルで『メーデー』の番組を見ていたら、「Pan Pan Pan」と言うのは、それより一ラング下の危険な状態の時に発する用語と言っていました。


先週、夕刊で8日から始まった『負けて勝つ』(NHK総合)の番組の紹介記事の横の写真を見ると、渡辺謙とデビッド・モースが対面している写真がありました。

名前は知らなかったんですが、顔を見てひょっとして『グリーン・マイル』に出ていた俳優かなと思ったので調べてみると、やはり本人でした。

デビッド・モース、渡辺謙の写真

これと同じ写真が新聞に載っていました。


デビッド・モースのIMDb

2012年の出演作(上から3作目)には、『Makete Katsu』(負けて勝つ)のタイトルも記載されています。
顔が童顔なので若手俳優かなと思ったんですが、1953年10月生まれなんですね。


2週間ぐらい前の朝の情報番組で、熱湯ではなく水から作るお茶の紹介をしていたんですが、水から作ると甘味が出るんだそうですね。

水出し煎茶

リンクは番組のとは違いますが、業者が紹介している作り方です。
家で作るお茶も、美味しいほうがいいですよね。(笑)
[PR]
by white001a | 2012-09-09 21:53 | 芸術 | Comments(8)
7月9日に亡くなった女優・山田五十鈴の追悼企画として9本の出演作品を上映している京都文化博物館は、どんなところかと先日見て来ました。



c0227134_23395054.jpg

これが北西側見た建物の姿で、ここの3階のフィルム・シアターで9月9日まで9作品上映されます。

追悼・山田五十鈴上映作品などの案内


c0227134_23423532.jpg

中庭もあって、テーブルとイスも何脚があって休憩出来ます。


c0227134_23442177.jpg

京都文化博物館の北側道路を西に歩いていくと、万華鏡ミュージアムという建物があるのを発見しました。


c0227134_23484620.jpg

JR京都駅北側のバス停に、こんな煙が出ています。
何だか、分かりますか?
猛暑の中、バスを待つところにミストを噴射しているところです。


c0227134_23505489.jpg

実際は、こんな感じになるんですが、カタカナでヨ型のバス乗り場でも、ここの縦一線だけしか装置がありません。
ま、ミストを浴びても、そんなにクールというほどには感じないし、風が吹いていると向きが変な方向になってしまいます。(笑)


c0227134_23575767.jpg

4月26日の日記にアップした、梅干しが沢山ほしてあるように見えた植物、先日、持っている植物図鑑を見ていたら出てきたんですが、実際は「フウセンカズラ」という名前でした。
「ホオズキ」と言うのは、中にオレンジ色の実がなる植物でしたよね。



c0227134_011010.jpg


カーナビも今はだいぶ普及してきましたよね。

そのカーナビ、運転しているとテレビが見られなくなるのと、ずっと見られるのがあるんですが、なぜ2種類あるのかと言うのが分かりました。

車が走り出すと見られなくなるのは、最初から付いているナビで、車を買ってから後で取り付けたのは、走り出してもテレビが映っているのもあるようです。


今年のロンドン・オリンピックでフェンシングの団体銀メダルを取った中の一人、太田雄貴選手は滋賀県大津市出身なんですね。

北京オリンピックでは個人で銀メダルを取っています。


この夏、沖縄近辺は台風がよく接近とか通過しますね。
しかも、昨日の台風15号は最大風速70mにもあるという風に伝えていました。
夜のテレビ画面では「奄美大島に、これまでに経験したことのない雨量」の雨が降るとテロップが流れていて、どんなにすごい雨になるのかと不安になってしまいます。

東日本大震災以降、警報を出すにも、津波の大きさがより大きくあいまいに、地区でのアナウンスも命令口調に変えられるようになったそうで、正確な情報よりはやや大きく誇張したようになるみたいですね。

これから秋になると日本には大型台風が上陸するのがあると思いますが、当たり年にならないでほしいですがね。
[PR]
by white001a | 2012-08-28 00:06 | 芸術 | Comments(12)
タイトル通り、たまにはアートとして見てもらえる作品を、、、(笑)


c0227134_22511590.jpg


太陽が西に落ちる少し前の時刻に、自転車に乗った人が公園を横切ろうとしていました。
そして、長い影が伸びているのを見て、パシャっと1枚撮りました。


c0227134_22552979.jpg


そこから少し歩くと、ホテルのガラスから反射した太陽の光がまぶしく照らしていました。
影になっているベンチの辺りまで明るくなっています。


c0227134_22572773.jpg


陽が落ちても、まだ薄明るいころ、街灯が灯りました。
これまで、くもの巣が張っていたのが、LEDに取り替えられたのかガラス板が綺麗になっていました。


c0227134_2395830.jpg


京都の祇園、打ち水をした小路。
今は、お客を迎える準備で忙しいのかも知れません。


c0227134_23205737.jpg


岐阜を通過中に見つけた大きな木。


いつも見る写真とは違ってアートとなっていたでしょうか。(笑)



c0227134_2324147.jpg


アメリカで、飛行中に機長が行方不明になって機内が大騒ぎになったそうですね。

結局、乗客が利用する最後部のトイレに入っていたんですが、ドアが故障して出られなかったようです。
乗客の一人がトイレに入っている機長から操縦室に言いに行ったのに、規則として操縦室のドアは開けなかったと報道していましたが、CAとかに言えばいいのにと思いましたが。



デパートとかスーパーの服売り場に行くことがあると思います。
そして、自分のサイズに合うとか似合っているとかを見るとき、折りたたんでいる商品を広げてみますが、その後、その商品は、元のように折りたたむか、少し折って返すか、そのままにして置くか、どうしますか?

こんな話題があったので、リンクしました。
ま、読んでいくと両方の言い分に「なるほどね」という気持ちになりますが、僕はだいたい元通りに折りますよ。(笑)

服は折りたたみますか?


11月24日の日記のコメントで1960年代に放送されていたアメリカのTV番組『サーフサイド6』の話題が広がってしまったので、その舞台になったフロリダ州のマイアミに1985年に行ったときに撮った写真を貼りました。


c0227134_051322.jpg


運河と言うのか水路。


c0227134_055937.jpg


番組では、歩道から右手に探偵事務所に使用されているボートが度々映るんですが、この写真は逆向きから撮ったので船が逆の位置に見えてしまいました。
この船は、もちろん番組で使われた物ではありません。(笑)
番組では船というより白っぽい角ばった小じんまりした事務所という感じだったと思います。

c0227134_0105867.jpg


番組の最初の俳優紹介のときに映っていた建物。
ヒルトン・ホテルのようでした。

3枚ともネガをスキャンしたんですが、最後のはネガ自体が退色してしまって青い空がピンク系になってしまい、白黒に修正したほうが見やすくて新聞の写真のようになってしまいました。(苦笑)
[PR]
by white001a | 2011-12-02 23:37 | 芸術 | Comments(14)