コメントは管理人の承認制なので表示が遅れる場合があります。


by white001a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

去年の12月16日の日記は京都・嵐山の《花灯路》で夜のライトアップでしたが、今回は太陽が出ている昼間の嵯峨の写真です。



c0227134_6413529.jpg

前方に女性2人が散策している姿が見えます。


c0227134_6425061.jpg

幻想的な青いライトが当たっていたときとは違う、本来の竹林の姿です。


c0227134_644647.jpg

歩く所は陽がないんですが、所々に太陽が当たって竹の影を落としています。


c0227134_6463688.jpg

伐採された竹が、まとめて積み上げられていました。
春になると、たけのこの季節になって、新しい竹の芽が出てくるためなんでしょうか。


c0227134_6494263.jpg

一輪の山茶花を撮ってみました。


c0227134_6504991.jpg

嵐山の大通りに出ると、石像が並んでいます。


c0227134_6515378.jpg

お土産屋で見かけたガラスのカエルです。


下は、竹林の雰囲気を味わってもらおうと思って動画を久しぶりに撮りました。
嵯峨の竹林の動画(1分)

最初の方の音は、近くにJR山陰線があって、電車の通過する音です。
後は、人とすれ違うときの音と鳥が元気良くさえずっていました。




c0227134_6593925.jpg


2020年オリンピック候補になっていたイタリアのローマが財政悪化のため、辞退したそうですね。
今のところ、スペイン、トルコ、カザフスタン、カタールと東京が立候補しているんですが、スペインがまだ立候補していますが、今後、まだどうなるか分りません。


昨日、スーパーでゼリーのお菓子を見かけたので買ってみました。

c0227134_735415.jpg

上は細長くて表面に砂糖がからまっているゼリー、下はサイコロ型のゼリーで、一袋ずつ買いましたが、細長い方が美味しかったです。
サイコロ型はセロファンを開いても、まだオブラートで包んであって、それがまたセロファンのように固い舌触りでちょっとまずく感じるんですが、それがなくなるとゼリーの味になります。

子供のころ、上の細長い方のゼリーできんつばのような白い衣(砂糖ですが)が付いていたのをよく食べていたのは、ゼリーと思ったんですが、ひょっとして羊羹だったのかも知れません。


PCとかハード・ディスクに入れた写真は、縦型に撮った写真は横に寝た形で保存されていますよね?

コントロール・パネルの《マイ・コンピュータ》で写真が保存されているフォルダーを開けて、上のバーの写真の表示の見方を選べるところに「写真」「縮小版」「並べて表示」などがありますが、その中で「写真」で、大きく表示されて見えている横になった写真のすぐ下の右2つの回転ボタンで縦型に回転させると、次回からは縦型の写真になって表示されるのは初めて知りました。
でも画質はちょっと悪くなるようです。


みなさんが書き込みをしてもらう返答には、「管理人(White)」として出していますが、いちいち最後までキーを打つのが邪魔くさいんですが、「管理人」だけ打つと最後の(White)まで出てくるように漢字登録してしまいました。

そうすると「管理人」だけで「管理人(White)」まで出てくれます。(笑)


マンションのバスタブ、冬は湯が冷めるのが早いです。

バスタブの周りが分厚く見えますが、鉄板をプレスしたのと同じようにプラスチックを圧力で流し込んで型に決めているだけで保温はあまりないですよね。

湯に浸かっていても、湯が出てくる穴(1つ式か2式の2種類あり)から、沸かしていないと水になってバスタブに流れてくるのが足で感じられるので、それも湯の温度を下げる原因だと思います。

それで、浸かっている間、穴の部分を足で塞いていると、それほど早く冷めなかったので、この部分を沸かしていないときは、水が流れてこないように閉じるようにすればいいんじゃないかと思います。

誰か特許を取れば、儲かるかも知れませんよ。(笑)

冷めた湯を沸かすときは、本当に冷めた湯を沸かすより、やや冷めたときに沸かすほうがガスの消費量も少なくて済んで経済的ですよね。
[PR]
by white001a | 2012-02-25 07:21 | 名所 | Comments(22)

(自然)極寒の地

先週末は、寒波がやってきて全国的にも雪が降ったようですね。

大津でも金曜の夜中には降って、朝、窓から外を見ると一面銀世界でした。


c0227134_17343371.jpg

琵琶湖湖畔のにおの浜に出るとこんな感じですが、犬もこんな中を散歩していましたが、足は凍傷かしもやけにならないんでしょうかね。

背景の右側には、本来なら比叡山が見えるんですが、雪雲で隠れています。


c0227134_17363273.jpg

シンデレラが階段を下りていった跡でしょうか、、、
びわ湖ホールの屋上に通じる階段で、誰でも上に行けます。


c0227134_17382734.jpg

植樹されている保護棒の上に積もった雪ですが、もう少し結晶が大きく撮れたらいいんですがね。


c0227134_17394949.jpg

車がカーブしたタイヤの跡です。


c0227134_1740524.jpg

フランス映画『WATARIDORI』に迫る、ユリカモメに近づいた写真です。(笑)
そばに行くとカモメも意識して飛ぼうとするんですが、とうとう飛んで行くところです。




c0227134_17443852.jpg


1週間前の土曜日に大阪城の梅園に行ってきて、また先日の土曜日にも行ったんですが、まだ咲いているのは少なくて、全国的に今年の開花は遅いんだそうです。


テレビの番組を録画するのは、ブルーレイレコーダー、DVDレコーダーとD-VHS(デジタルのVHSレコーダー)を持っているんですが、そのブルーレイのレコーダーの機能の1つに、デジタルで録画したテープでもブルーレイにダビング出来るというのがあり、買ってもう3年ぐらいになるんですが、今回、初めてダビングすることに挑戦してみました。

ブルーレイとかDVD内に録画した番組は、すぐにそれ用のディスクにダビング出来ますが、他のレコーダーからデジタルでダビングすると5.1chもそのまま残るのでいいんですが、結局のところ、コピーワンスのためテープの番組はダビング出来ませんでした。
デジタル・テープなので画面もちらつきがないのかなと思ったんですが、久しぶりにデッキにかけるために画面に乱れが出てモザイクがかかったような画面が頻繁に出てしまいます。
ハードディスクなら、画面が乱れるということは一切ないんですが、やはりテープはアナログ用と一緒ですね。

それと、最近、『借りぐらしのアリエッティ』がテレビで放映されましたね。
あれをブルーレイにダビングする前に、CMをカットする作業をしましたが、CMが始まるところからCMが終わるところを決める段階で、一旦決めた部分を、もう少し前の部分でカットしたいというとき、「やり直し」という機能がないのが困ります。
一旦決めたところに、映画の部分が入ってしまっていると、ちょっと欠けてしまいますよね。
やり直しが出来れば、もう少し前に戻してカット出来るんですがね。
そんな機能のデッキもあるとは思いますが。


たまにはデリバリーでピザを注文したいと思って、チラシに入っているメニューを見るんですが、それにしても値段が高いですよね。

「これならレストランで2回食事出来る値段だ」と思って、メニューを見るたびに注文が出来なくなってしまいます。(笑)


2003年5月19日に内之浦から発射されて、小惑星イトカワまで行って、2010年6月13日にまた地球に帰ってきたハヤブサの映画『ハヤブサ 遥かなる帰還』を見てきました。
こういうのに関心、興味がある人なら、なかなかよく出来た作品だと思います。

故障に次ぐ故障で、地球に帰ってくることが出来るのかと思っていたんですが、奇跡の帰還になりましたよね。
渡辺謙が実在の人と似ていて、本人もくすぐったいんじゃないでしょうか。(笑)

音楽は、第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで優勝した辻井伸行という人だそうです。

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』オフィシャル・ページ

音楽・辻井伸行関連記事


外国映画の俳優の経歴に時々英国アカデミー賞受賞と書かれていることがありますよね。

アメリカのアカデミー賞は有名でよく知られていますが、日本では名前を見ることぐらいじゃないでしょうか。

その英国アカデミー賞の授賞式の会場前からの生中継がスカパーのBBCのチャンネルでやっていたので、少しの間見ていました。

知っているので写っていた俳優は、メリル・ストリープとかジョージ・クルーニーとかのアメリカの俳優でしたが、話題になっているのが白人の子供が黒人のメイドとの交流を映画化した『HELP』という作品でした。
実際にアメリカであったのを、最初小説にしたのは出版社は相手にしなかったが、次第に知れてきて映画化が決まったそうですね。
アメリカのアカデミー賞でも注目されているようです。

メリル・ストリープが、まさかイギリスのサッチャー首相の役をやるとは思ってもいませんでした。
イギリスには適役の役者がいなかったんでしょうかね。
でも予告編を見ていると、サッチャーさんに似ていますよね。(笑)



今月16日に膵臓ガンで亡くなられた淡島千景さん出演の『真実一路』が追悼番組として放送されるようです。

スカパーで放映される邦画の中でも出演作の多くを録画しているんですが、『夫婦善哉』、『麦秋』、『お茶漬けの味』などなど、どの作品を見ても外れがないのばかりですよね。

『真実一路』の放映案内

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by white001a | 2012-02-20 18:10 | 自然 | Comments(17)
今年になって、寒いのであまり写真を撮りに行かないので、更新もあまり出来ません。(笑)

で、昨日は久しぶりに撮影目的で出かけたのですが、電車の中で地図を見ながらどこに行こうかと考えました。
神戸とか京都もいいんですが、今なら大阪城内の梅林で梅の花が見られると思って、そこに決定となりました。


c0227134_15465388.jpg

まだ多くの木には花が咲いておらず、つぼみがほとんどです。


c0227134_1548714.jpg

梅の花には、メジロですが、まだ1羽も飛んで来ませんでした。


c0227134_15494659.jpg

白い梅の花


c0227134_155158.jpg

赤い梅の花


c0227134_15514294.jpg

木によって、もう咲き誇っている木もあります。


c0227134_1552542.jpg

こちらは紅梅。


c0227134_1553466.jpg

梅園のあと、大阪城のそばまで行って来たんですが、いつもこの写真の反対側を歩くんですが、今回、初めて裏(北側)から入りました。
名古屋城は門を入るときに入城料がいりますが、大阪城は城の中に入るときに要るだけで、ここは自由に歩けます。
この場所からは持って行ったカメラのレンズでは全景が入らないので、コンデジで撮っています。
コンデジでも綺麗に撮れますよね。(笑)

城で思い出しましたが、先日、スカパーで城シリーズの番組を少し見ていたんですが、姫路城、松本城は少し傾いているんだそうですね。
姫路城の中に入ってボールを置くと傾いた方にボールがころこんで行きました。
松本城は工事で修正されて、今は傾きが止まっているそうです。
そのままにしておくと、イタリアのピサの斜塔のように有名になったかも知れません。

松本城のWikipedia、傾いた写真付き





c0227134_1557692.jpg


最新作の『ALWAYS 3丁目の夕日64』を、先週、やっと3D版で見てきました。
その前に、スカパーのチャンネルで30分のメイキング版が何度も流れていたので、どんな立体感になっているかなと思って楽しみでした。

最初の方で、子供が飛行機を飛ばして、それが大通りから東京タワーの真上ぐらいに飛ぶところは、まさに3Dならではの立体感でした。(笑)

1作目はテレビで見ているんですが、2作目はDVDに落としているだけで、まだ見ていなくて、3作目が先になってしまいました。

出来ばえは良く出来ていて、最後になると、次から次とホロッとさせられるシーンが連続で起こってきます。

メイキング版で、当時の羽田空港とか新幹線乗り場、特急が走っているところなど、CGで作られているのが、まるで本当のように見える技術もすごかったです。

翌日の夜、さっそく2作目をDVDで見ました。
2作目は1作目の東京タワーが完成してからそんなに時が経っていませんでした。
3作目と比べてみると、やや盛り上がりが少ないように感じました。

出演者の1人、吉行淳之介役の須賀健太のけなげな演技が新鮮です。
2作目を見ていたら、3作目の役の子とよく似た声だったので、検索してみると1作目から同じ役を演じていました。


今回、映画館で見ていて、3Dメガネをかけているせいもあるんですが、ちょっと画面が暗いように感じました。
アメリカ映画なら、画面全体が何色か分るくらいに色彩が綺麗なのが多いですが、日本映画は画面が暗くて、湿ったような色の映画が多いといつも思うんです。


先日、スカパーで『夢のチョコレート工場』という映画を放映していました。
ちょっと見ていたら、2005年に製作されたジョニー・デップの『チャーリーとチョコレート工場』とそっくりだなと思ったら、その映画のリメイク版でした。

2005年の映画はさすが映像技術が進歩してCGが使われていますが、1971年製作のは、いかにも手作りと言った感じでした。

その、チョコレート、今月のETV(NHK教育)にチョコレートの講座が始まりましたが、昔、スペインがメキシコで先住民が飲んでいるのを知って、本国に持ち帰ったそうですが、それから100年間も他のヨーロッパには知られていなかったんだそうです。
それが知られるようになったのは、スペイン王室からフランスのルイ13世と結婚することになってチョコレートも外に出てしまうことになったと紹介されていました。

その後、オランダとかイギリス、スイスでチョコレートの技術が発展して今のチョコレートになっていったようです。


11日の新聞記事に、韓国で大型小売店に休日強制条例が各自治体で進められているとありました。

最近は、日本でも百貨店、スーパーは週1回とか定期的な休日はなくなっていますよね。
以前は、月曜日は緩急、水曜日は阪神と休日は決まっていました。

規模の小さい商店街は、大型店が休日を設けると売り上げが上がるかも知れませんね。
[PR]
by white001a | 2012-02-12 16:11 | 植物 | Comments(29)