人気ブログランキング |

(カメラ)フィルムのスキャン:ネガ編

前回、リバーサル・フィルムをカメラで撮影しましたが、今回はネガ・フィルムをカメラで撮ってみました。


(1)

c0227134_02155063.jpg

一応、使用したLEDスタンドです。


(2)

c0227134_02180388.jpg

ネガ・フィルムをこんな感じにして
撮る時は、左手でフィルムを持って
明かりの面に合わせ、カメラを
左から順に右に移動させて
適当に何枚か撮りました。


(3)

c0227134_02235520.jpg

1970年の日本万国博覧会の会場内。
赤い制服を着たカナダの騎馬隊。


(4)

c0227134_02252997.jpg


(5)

c0227134_02262646.jpg

多分、左は松下館と、右は万博ホール隣のバラ園。


(6)

c0227134_02281097.jpg

恐竜のようなオーストラリア館。
現在も三重県四日市市内に移築されていると思います。


(7)

c0227134_02303130.jpg

右はリコー館。
なぜか、この写真は割と綺麗に修正出来ました。


(8)

c0227134_02322663.jpg

前回、リバーサル・フィルムを撮る時、
スライド用映写機の左側に
1枚ずつおいて撮ろうとしていたら、
電球が熱すぎるので煙が出てきて、
しまいにはプラスチックが溶けてきて
慌てて電源を切りました。(笑)

もう20年以上使っていないのでと
思いますが燃える寸前でした。


やはり、リバーサルもネガも専用の
スキャナーでデジタル化するのが
良さそうですね。

動画でパソコンを使わずにスキャン
出来るのを紹介しているのが
何種類かありましたが、その1本を
リンクしました。

ここに、フィルムをスキャンする動画あり


c0227134_02512304.jpg


4月1日、新しい元号が発表されました。
≪令和≫という漢字が使われたのを見た時、
令を冷と思って、こんな漢字が使われるとは
と思ったんですが、よく見ると令でした。

和も、昭和で使われていたので、また
同じ和になるのは変化がないなと
思いましたが、令和自体、まだ
馴染みにくいように感じました。
今後、令和になって馴染めるように
なるでしょうか、、、













Commented by j-garden-hirasato at 2019-04-05 06:28
懐かしい写真ですね。
低学年のとき、行きました。
太陽の塔は鮮明に覚えています。
大阪に行って対面したときは、
感慨深いものがありました。
令和も、そのうち馴染むでしょうけど、
何か上から目線の感じがして、
元号が嫌いになるかもしれませんね。
Commented by Penta at 2019-04-05 09:05 x
j-garden-hirasatoさん

1970年の大阪万博、懐かしいですよね。
おこずかいが少なくて4回しか行ってなかたんですが、もう少し行っておきたかったです。
やはり大阪万博で強烈に印象に残っているのは、太陽の塔とお祭り広場ですね。
毎日、新聞で前日の入場者数が出てくるんですが、すごい数でした。
次回の関西・大阪万博、どうなるんでしょうね。

j-garden-hisarasoさんも、令和、ちょっと違和感がありますか。
PCの漢字変換では、すでに何個目かで出てくるのですがね。
Commented by Jun at 2019-04-06 19:50 x
ネガの写真を撮るとは! 
全く考えてもみませんでした(ネガをスキャンするというのもPentaさんから聞くまで知らなかったです。)
無くなってしまった写真があるのですが、ネガが残っていたらこういう方法もあるわけですね(LEDスタンドと言うのもをちゃんとお持ちなんですね^^)
動画は後で拝見します。

私は「平成」に馴染みがなかったので、今度はインターネットの時代でよく知ってましたから(それに1か月前からわかってるという事もあるし)令和の方がきっと慣れると思います。西暦との計算も「2019年」と知ってるからすぐわかるかも(昭和天皇が亡くなられた時はまだリアルタイムのニュースと言うのが入ってきませんでしたから・・・・ 阪神大震災みたいな事はテレビのニュースでもちろんすぐわかりましたが。)

名前の意図する所は色々言われているようですが、かなり面白い話も読みました^^
チベット語で「希望」という言葉と同じ音だというのが一番気に入っています。
Commented by Penta at 2019-04-06 22:42 x
Junさん

ネガ・フィルムをスキャナーで反転させてプリントすると、一般に見ている写真になるんですが、そんな事考えてもみなかったですか。(笑)
なくなった写真でもネガとスキャナーがあれば、また写真が蘇りますが、スキャナーがない場合は街のプリント屋に出す方が簡単ですよ。
上の(3)から(7)が例としてカメラに撮って、レタッチ・ソフトで色を反転させて見たんですが、持っているソフトではあまりいい色が出なくて(上の(7)はもう少し調整すると色も修正出来るかも)、白黒にしておくと普通の白黒写真になりました。
なので、白黒写真のフィルムならなんとかカメラで撮ってレタッチ・ソフトで白黒にするのもいいですが、業者にネガを出す方が手っ取り早いと思いますよ。(笑)

2年ぐらい前だったかスタンドが欲しかったので量販店にに見に行ったんですが、蛍光灯のスタンドは少なくてLEDになったスタンドがほとんどで値段も高かかったです。
なぜ高いのかなと考えたら、寿命が長いLEDがそもそも高いからかなと思いました。

今年の5月から令和になるんですよね。
まだ実感が湧きません。(笑)
2019年が令和元年になるんですが、どんどん年が進んでいくとまた年号と西暦の一致がややこしくなってしまうかも知れません。
僕なら昭和39年と1964年東京オリンピック、昭和45年と1970年大阪万博がすぐに出てきます。

そそチベット語で希望という意味とありましたね。
他に候補に上がっていた中に「万和」が「ばんな」と読むそうで、こんな言い方ほとんどの人は読めなかったんじゃないかと思います。
Commented by yuta at 2019-04-08 06:23 x
おはようございます
なるほどLEDスタンドを横にして撮るのですね。
3−6は色もぼけ具合も押し入れからでてきた昔の懐かしい写真のようです。
7はきれいですね。

令和はこれから始まるので慣れるようにしたいと思ってます。
Commented by Penta at 2019-04-08 18:16 x
yutaさん

スタンドを光源にフィルムをどうすればいいかなと考えたら、寝かすとカメラが撮りやすいと分かったので、こうしました。

なぜか7枚目の写真だけ、滑らかに撮れました。
全体がこのように撮れるといいんですがね。

令和、テレビで紹介している番組では、みんないい名前と褒めていたのは、報道規制の結果かも、、、(笑)
Commented by iwamoto at 2019-04-08 20:51 x
我が家は引っ越しの準備をしている最中です。
古いアルバムの写真がくっ付いて撮れないので、そのまま写真に撮りました。
天井の明かりを消して、反射が無いように気を付けて。
元が40年前の写真なので、色も薄くなっていました。
近々、公開しますので比較頂ければと思います。
どの方法が簡単で高価が高いのでしょうね。
Commented by Penta at 2019-04-09 00:31 x
iwamotoさん

引っ越しの準備で片付けの中で、わざわざ古い資料を出してカメラに収めるのも大変ですね。

天翔の照明を消すのも大事ですね。
上の3から6、光の反射が写っているのも影響して画質が荒っぽいんだと思います。
退色してしまった物は、デジタルで加工して色を再現するというのは時々TVで紹介していますが、素人でも出来ればいいですよね。

リバーサルならカメラで撮っても、色の再現は何とかなると思うんですが、ネガはさらに反転させてさらに色を再現させる事が必要になるので、退色したのはさらに難しいかも知れませんね。
やはりフィルムを読み取れるスキャナーがあると、カメラよりは手っ取り早いのかも知れません。
by white001a | 2019-04-05 02:46 | カメラ | Comments(8)

コメントの表示は管理人の承認後なので、時間がかかる場合があります。


by white001a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31