<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

(芸術)違ったジャンル

写真を撮る人の傾向って、芸術的に撮る人と報道的に撮る人っていますよね。
僕はどちらかと言うと、報道的な写真になってしまうと思います。

最近≪インスタ映え≫という言葉をよく目にしますが、ちょっとおしゃれな感じで都会的、洗練された感じなど、垢抜けた写真を撮る人はどの辺に目、視点を向けて撮っているのかなと興味があります。

それで、僕もそんな写真を撮ってみようと街に出て試しに撮ってみました。

c0227134_9434682.jpg


c0227134_9435887.jpg


c0227134_944119.jpg


c0227134_9442478.jpg


c0227134_94437100.jpg


どれもJR大阪駅近くの西梅田で撮ったんですが、まだまだですね。(笑)

c0227134_9455140.jpg

昨夜、帰宅する時、月の周囲に円が出来た≪月の暈(かさ)≫が囲んでいて、ちょうど飛行機が月を横切るかなというところでした。

c0227134_9532963.jpg

暗い場所でもよく撮れるようにカメラのISOを上げていたので飛行機が月より右上の方へり離れて行ってしまって、飛行機雲も風に流されてやや月から離れてしまったんですが、望遠鏡、双眼鏡などで見ていたら、ひょっとして月面を通過したかも知れません。
いい機会を逃してしまいました。

c0227134_1062332.gif

これは次に飛んで来た飛行機の5枚連写してGIFアニメにした物です。
右上から左下に飛んでいくところも加えたら容量が多過ぎて5枚で一杯でした。

YouTuveで2017年に亡くなった映画関係者の動画を見ていたら、知らないうちに何人か知っている俳優がいてびっくりしました。

Memoriam 2017

何本かこの関係の動画を観たので、このリンクした動画に入っているか忘れてしまったんですが、フランスのミレイユ・ダルクとか『ガラスの部屋』で主題歌が日本でもヒットしたイタリアのレイモンド・ラブロックとか、日本では亡くなった事は記事で見なかったです。
クリスティーネ・カウフマンという女優も中学生の頃、名前だけは雑誌で目にしていたんですが、誰だったかなと調べたら、ドイツ人で後にトニー・カーティスと結婚していた人で、そう言えば何となく記憶が残っています。

ご冥福をお祈りいたします。

[PR]
by white001a | 2018-02-28 10:39 | 芸術 | Comments(10)
京都の東寺で毎月21日に弘法市が開かれるんですが、一般には骨董市と言われているものです。
以前、1度行ったことがあって日記もアップしていたんですが、調べてみると、偶然にもちょうど8年前の2010年2月でした。
でもその日記、骨董市の写真を削除していて見られなかったですが、なぜかな、、、

c0227134_23232668.jpg

京都駅から大阪の方に向かう新幹線、在来線で左側に五重塔が見えるんですが、そこが東寺です。

c0227134_23254116.jpg

塀のすぐ外側に堀があって、歩道が狭いのに出店もあるので、歩きにくいです。

c0227134_23264949.jpg

南側の中央の門です。

c0227134_23274997.jpg


c0227134_2328684.jpg


c0227134_23282099.jpg


c0227134_23283460.jpg


c0227134_2328453.jpg


c0227134_232956.jpg


c0227134_23291986.jpg


c0227134_23293888.jpg


c0227134_23295334.jpg


c0227134_2330623.jpg


c0227134_23301874.jpg


c0227134_23303248.jpg


c0227134_23304753.jpg

カメラに撮った枚数を見てみると350枚ぐらいあって、その本の一部です。(笑)

海外からの観光客では、中国語とフランス語がよく耳に入ってきました。


ビデオ・カメラでもちょっと録画したので、一般向け、赤、青メガネで見る動画、3Dテレビで見る3本をアップしました。

どれも最初の動画と同じものです。


一般に見られる動画です。

アナグリフ用で、赤、青の色が付いたメガネでご覧下さい。

3Dテレビでご覧下さい。


c0227134_22132944.jpg

3Dのアナグリフ用メガネの作り方。
c0227134_1853421.jpg

お菓子の箱などの厚紙を折ってメガネの部分をカットしてセロファンを敷いてテープで留めます。

c0227134_18545825.jpg

それを折ると、簡単に作れます。


c0227134_2334625.jpg

[PR]
by white001a | 2018-02-21 23:32 | 名所 | Comments(6)
今回は、2016年9月、兵庫県たつの市にある醤油の資料館に行ってきた時の写真です。
大阪からでも80km程度西にあって、姫路市とさらに西の赤穂市の中間に位置しています。
たつの市には、関西ではよく使われているうすぐち醤油の工場があります。

c0227134_12241710.jpg

南北に揖保川が流れていて、川の東側には工場が見えてきます。

c0227134_12331016.jpg

資料館があるのは川の西側で赤レンガの洋館です。

c0227134_12341295.jpg

大きな看板でよく分かります。

c0227134_12345731.jpg

出入り口はこんな構えですが、何と入館料はたったの10円です。
写真を大きくすると、左側の文字が分かると思います。

c0227134_12362034.jpg

天井からはこんな照明がされていました。

c0227134_12371653.jpg

最初に目に入るのが、昔の建物の中を再現しているコーナーです。

c0227134_12381969.jpg

ミニチュアの展示コーナーもあります。

c0227134_12385548.jpg

歴史ある大きな看板です。

c0227134_12394022.jpg

これは新しいですが、各種のしょうゆを写真で紹介しています。

c0227134_1241280.jpg

ラベルもいろいろあります。

c0227134_12413061.jpg

ここは紙にかかれた資料室ですね。

c0227134_12422329.jpg

ずらりと並べられた先代の人々。

c0227134_12431788.jpg

昔、しょうゆを作っていた過程が見られます。

c0227134_12442317.jpg

太くて長い丸太で大豆を絞るんだと思います。

c0227134_12454184.jpg

いろんなしょうゆ差しが並んでいます。

うすぐち龍野醤油資料館のページ

c0227134_12461975.jpg

揖保川と言うことで気づくかも知れませんが、資料館から北に800mぐらい行ってから橋を越えてしばらく行くと揖保の糸で有名なそうめんが食べられる建物があります。

c0227134_12525181.jpg

2019年4月に年号の≪平成≫が新しい年号に変わることになり、もう1年と少ししか残っていませんが、考えてみると平成というイメージって、あまり湧いてこない気がします。
≪昭和≫は1926年に≪大正≫から変わったんですが、戦前と戦後でそれぞれ強烈なイメージがあるような気がするんですがね。
やはり、自分は戦後の生まれなので、いよいよ日本に活気が生まれるころから見てきてアメリカン・オールウェイズの風俗とか音楽が流行っていた頃が特にイメージとして湧いてきます。

平成に生まれた人たちは、今後、平成が懐かしいというとどんなイメージが浮かんでくるんでしょうね、、、(笑)

c0227134_1371575.jpg

[PR]
by white001a | 2018-02-10 13:07 | 名所 | Comments(6)
昨日、JR大阪駅からやや西側の四ツ橋筋を肥後橋に南下して、そこから東側の御堂筋の淀屋橋まで歩いて、さらにそこから御堂筋を南下して心斎橋まで散歩してきました。

c0227134_1491498.jpg

大阪駅から四ツ橋筋を南の方に歩く場合、地下鉄なら1つ目の肥後橋駅なんですが、ここは中之島でももう西の方に当たる地域で、最近、ツイン・ビルの西側の方も完成して2つ揃いました。

写真は南の方角を撮っているんですが、東側に当たる左側のビルが先に完成していて、ここには大阪フェスティバル・ホールが入っていて、西側の右側が今回完成し、朝日新聞社の他、上層階にはConrad Hotelが入りました。

c0227134_1419611.jpg

肥後橋は御堂筋と並ぶ大阪のビジネス街なんですが、この写真は何だと思いますか?
まるで檻のように見えるんですが、そんな狭い中で人がタバコを吸っているんです。(笑)
最初、通り過ぎたんですが、また戻って写真を撮りました。


c0227134_2242664.jpg
次に、東の御堂筋に歩く途中の四つ角のビルの1階に≪Seattle's Best Coffee≫という店が入っていました。

c0227134_14223950.jpg

それと普段、歩かない道なので、ちょっとレトロな建物を発見しました
何のビルかなと良く見たら≪大阪倶楽部≫という名前があって、検索すると社団法人になっている財界人の交流の場と言うことですが、HPを見るといろいろ開催されているみたいです。

大阪倶楽部のHP

c0227134_14331445.jpg

ここは、大阪倶楽部から少し歩いて御堂筋に出る手前のレストランですが、最近、このように店の外にもテーブルを置いて食べられる店が多くなってきました。

c0227134_1435650.jpg

ここは御堂筋を東側に横切ったビル街の中に不釣り合いに見える古い家屋があります。

c0227134_14363654.jpg

拡大してもちょっと読みにくいですが、緒方洪庵旧宅および塾で、江戸時代後期の武士、医師、蘭学者で学校では教科書に名前が出てくる人ですよね。

c0227134_14422644.jpg

そこから御堂筋を南に進んで行くと、こんな車を見かけました。
ちょっと、派手な昆虫に見えてしまったんですが、誰がこんな場所に駐車しているのかなと思ったら、写真の右手のガラス張りの展示場にもスーパーカーが何台かありました。

c0227134_14454955.jpg


c0227134_14462266.jpg

ここは、もう心斎橋なんですが、以前は大丸とそごうのデパートが並んでいたんですが、そごうのビルを大丸が買い取って建て直して、中央の一番高いビルになっています。
その左にはDiorがあり、この周辺は最近、一気に有名ブランドの店が並んでしまいました。


c0227134_18513080.jpg

今年のサンレモ音楽祭の事を調べようと思って、電車の中で検索したんですが、懐かしい名前の人が出てきました。
YoshioANTONIOさんなんですが、久しぶりにブログを拝見しました。

その中で驚いたのが、1964年のサンレモ音楽祭で「夢見る想い」を歌って優勝したジリオラ・チンクエッティが去年の11月、24年ぶりに日本でコンサートを開いたということです。
11月18日、19日、川崎市のCLUB CITTAという会場であったそうですが、もう活動はしていないらしいと聞いていたので、久々の来日をしていたとはびっくりしました。
ジリオラ・チンクエッティの記事
それと今年のサンレモ音楽祭は2月6日から10日だそうです。
今年のサンレモ音楽祭

c0227134_1521847.jpg

[PR]
by white001a | 2018-02-03 14:50 | 町・街 | Comments(25)

(天文)皆既月食

1月31日の午後8時30分ごろから満月が段々暗くなる月食が始まりました。

c0227134_1545282.jpg

月食が始まる前は、真ん丸で輝いているのが見られて、これなら予報が外れて最後まで見られるんじゃないかと期待していました。

c0227134_15465051.jpg

そして、左下の方からやや欠けていくのが確認出来ました。

c0227134_15475069.jpg

1/3ぐらいまで暗くなって行きくに従って、薄い雲が空を覆い始めます。

c0227134_15484523.jpg

もう、こうなれば月食が見えません。

c0227134_15502217.jpg

でも、しばらくすると又雲が晴れて、見えて来ました。

c0227134_15511875.jpg

それから、見えたり見えなくなったりして、地球の影が半分を超えて来ました。

c0227134_15521986.jpg

あと1/4ぐらい残すだけとなりました。

c0227134_1553242.jpg

食になっても、ずっと見えるんでしょうか、、、

c0227134_15561979.jpg

かすかに月の明かりが残る、皆既月食まであと一歩です。

残念ながら、皆既月食になるところで厚い雲が覆って見えなくなってしまいました。
今回の月食は暗いままの状態が1時間は超えるというので、寒いので家の中に入ってしまったんですが、その間、月食が見られたのかは分かりません。

c0227134_15584487.jpg

次に外に出たのは、明るくなってくる頃で、月の位置は真上の辺りに移動していて、こんな姿が見えていて、今回のイベントは幕が降りました。

c0227134_1664675.jpg

[PR]
by white001a | 2018-02-01 15:55 | 天文 | Comments(4)

コメントの表示は管理人の承認後なので、時間がかかる場合があります。


by white001a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28